tuner365

外でも温か。何度も使える充電式カイロが便利で心強い

BigBlue_充電式カイロ

寒くなるとカイロを使う人も多いのでは。

しかし使い捨てのカイロだと一度開封すると使わない時も温かいまま。朝から使い始めたカイロが夜には冷たくなっていることも多くてなんだか腑に落ちませんでした。

好きな時だけ温めて欲しいなあと思い昨年購入したのが充電式カイロです。

ここ最近は仕事中でも外出する時でも手元に置いています。
これからの季節、無くても困らないけれど鞄の中に潜ませておくと安心かもしれない充電式カイロ。

どんなもんなのか書いていこうと思います。

BigBlue充電式カイロ

BigBlue_充電式カイロ
 

私が使っているカイロはBigBlueの充電式カイロです。USBから繰り返し充電でき、容量は6000mAhのもの。

表は黒地に雪の結晶か描かれたデザインです。正直デザインはもっとシンプルなものが良かったのですが、機能面とレビューの多さからこちらを選択。

 

裏側は模様が無くこんな感じです。

 
BigBlue_充電式カイロ
本体表面はサラっといて好きな触り心地。すりすり撫でたくなります。

使いたい時はすぐに温かく

BigBlue_充電式カイロ
 
BigBlue_充電式カイロ
電源のオンオフは本体下部に付いているスイッチをスライドして行います。
スイッチが簡単に外れてしまいそうな作りでビクビクしていましたが、1年使った今でも壊れていません。

 
BigBlue_充電式カイロ
温かさは弱と強の2段階。弱モードで35ー45℃、強モードで40ー55℃、まで上がります。
真冬に外で使う時は強で使っても良いですが、ずっと持っていると熱く感じるくらいに温まります。よっぽど冷えている時以外は弱でも十分温かいと思います。

スイッチをいれると数秒で温かくなるので、今すぐ温まりたいという時に重宝します。

私は仕事中にお腹を温める用に使うことが多く、厚手のひざ掛けをかけた上に強モードで置いています。するとすぐに全身がポカポカに。

マイコン制御で温度の上がり過ぎを防いでいるということですが、低温火傷には注意が必要そうな感じ。

使用時間

カイロの連続使用時間は弱モードで約4時間強モードで約2時間です。外気温度で使用時間が変わるので、室内で使うのならもう少し長持ちする感じですね。

サイズ感

BigBlue_充電式カイロ
 
BigBlue_充電式カイロ
大きさ、厚さ共にスマホと同じくらいです。重さもだいたい同じくらいかな?
薄いのでカバンのすき間に入ります。この厚さがポケットに入れておいても邪魔にならなくてありがたい。

1台3役

BigBlue_充電式カイロ
これの使いみちはカイロだけではなくモバイルバッテリーとしても使えます。容量は6000mAhでスマホ約2回分といったところでしょうか。

 
BigBlue_充電式カイロ
そしてLEDライト付き。ライト付きのグッズって持っているだけで安心するのでなんだか惹かれてしまいます・・。
スマホがあるから灯りの心配はあまりしなくて良いのだけど念の為ね。

まとめ

BigBlue_充電式カイロ
家の中でも外でも気兼ねなく使える充電式カイロ。繰り返し使えるって点が使用するハードルを下げてくれます。
よっぽど寒い日でないと使い捨てのカイロって使うのがなんだかもったいなくて・・。

手軽に暖まるグッズをお探しの人におすすめです。

 

おまけ

繰り返し使えるカイロを探していた時に候補に挙がったのが昔ながらのハクキンカイロ
ベンジンを注油して化学反応で温めるっていうのが渋くて格好良すぎて・・!

しかし、その手間が魅力的ながらも使わなくなりそうだと思ったので
今は手軽な充電式カイロに踏みとどまりました。

気になる人はぜひこちらも。