tuner365(チューナーサンロクゴ)

保温・保冷能力をさらにアップ。愛用のサーモスタンブラーをカスタマイズ

保温・保冷能力をさらにアップ。愛用のサーモスタンブラーをカスタマイズ

仕事をする時、ブログを書く時、ゆったり本を読む時も。何をする時でも手元にはいつも温かい飲み物が置いてあります。
それをちびちびと少しずつ飲みながら何かをするのが好きなんです。

しかし、気がつくと冷めてしまっている飲み物にがっかりしてしまうことも多くて。
作業に集中すればするほど飲み物を飲む回数が減り、淹れてから2時間や3時間経ってしまうことも平気であります。

そんな時にもう少し温かさが持続してくれたら嬉しいなあと思い、今使っているタンブラーをちょっとカスタマイズしてみました。

愛用しているサーモスタンブラー

thermos_tumbler

現在使っているのはサーモスタンブラー。手入れをしながら かれこれ2年くらい大切に使っています。私のは320mlの小さめサイズ。
シンプルなデザインが人気でサイズ違いなどを使っている人も多いのではないでしょうか?ただ机に置いているだけでも格好いいです。

真空構造になっているのが特徴で保温・保冷どちらでも使える。
冷たいものを入れた時には表面が結露せず、温かいものを入れた時は表面が熱くならない。この構造のおかげで飲み頃の温度をキープ出来る優れもの。

冷たいものを入れた時の保冷能力には目を見張るものがあり、氷を入れた飲み物なんかは一晩常温に置いておいても冷え冷えの状態。
氷がずーっと溶けずに残っているので、お酒なんかを飲む時に重宝します。
氷が溶けて水っぽいお酒、美味しくないからね・・。もちろんジュースやお茶も水っぽくならずに美味しく飲めます。

冷めるのは早い

サーモスタンブラーの保冷能力は充分過ぎるくらい。ですが問題は保温能力。
思ったほど温かさが続かないなあというのが正直な感想だったり。
普通のマグカップと比べたら温かさは持続するけれど、もって1時間くらい。上が開いた状態だと湯気が昇って、そこからどんどん冷めてしまうのが要因。

やっぱりフタ付きのカップを買い直す?でもこれもお気に入りなんだけどなあ・・。
なんてモヤモヤしつつネットで探してみたら、今使っているタンブラー専用のフタが販売されていることを発見。
悩んでいた時間は一体なんだったの・・。不都合があったら調べてみること、すごく大事。

フタを購入

thermos_tumbler
thermos_tumbler
写真にある通り、サイズの違う製品にも使えるみたいです。本体は別売りなのでご注意。

thermos_tumbler
thermos_tumbler
購入したのはブラックなんだけれど、真っ黒ってわけではなく濃いグレーという感じ。これぐらいの方が好きな色。
パーツは3つに分かれます。単純な構造の上、簡単に外すことができるので洗うのも苦ではない。毎日使うものだからここも重要なポイントです。

保温能力がグンと上がった

thermos_tumbler
この画像を見てもらえれば分かるように。フタをするだけで保温力がガッと上がります。
熱々のお茶を入れると最初の1時間は熱くて飲めないくらい。3時間くらい経ってもまだ温かさを感じるくらいで、フタ無しとの差は歴然
もっと早く買えば良かった・・!と心から思いました。

thermos_tumbler
thermos_tumbler
フタはスライド式で片手で簡単に開閉出来ます。パソコンの画面を見ながら開閉出来てとても便利。
ちなみに密閉されているわけではないので、持ち運び用にはなりません。倒したら普通にこぼれます。

冷たいものはフタ無しでも充分

フタがあることで保冷能力も上がったようですが、正直分からないレベル。フタ無しでも充分保冷出来ていたからね。
冷たいものを飲む機会の増えるこれからの季節には不要かもしれませんが、温かい飲み物をよく飲む人には絶対に勧めたいです。
悪いこと言わないから買っておこうよって。

お気に入りのモノを更に自分好みに

thermos_tumbler
やみくもに物を増やすのは好きではないので、ちょっとした買い足しで愛用品が更に便利になったのはとても嬉しかったです。

パッキンのみの販売もしているのはさすがサーモス。パーツを交換しながらずっと使いつづけられる安心感って大事。
毎日の生活に欠かせないモノが増えました。